請求の流れ

過払金請求は、弁護士か司法書士にお願いすることになります。中には自分で請求する人もいますが、その請求が通るのはごくわずかです。交渉するのにしても弁護士の力が必要になります。また過払い金の請求金額の計算は難しく、たいへんです。弁護士費用がかかりますが、弁護士費用はその弁護士によって変わりますので、調べてから頼むといいでしょう。

過払い金の請求をしようと思った時には、まず借りている業者の名前、いくらの貸付か、そして返済期間、今までの返済金などを記載します。それから弁護士にて過払い金の請求の受注がされてから、利息制限法に基づいて、法定金利の引き直し計算をします。それにて過払い金がいくら発生しているのかを計算します。

貸付業者から取引履歴が開示されるのには、1ヶ月から3ヶ月くらいかかるので、それくらいの待ちが必要です。開示されてから、買付業者とのやり取りが始まります。もし業者によって、返還を応じないようなところであれば、裁判所へと訴訟を提起することになります。その際にも弁護士費用(司法書士費用)はかかります。

返還に応じた業者からは、合意書の取り交わしをし、期日までに振り込みをしてもらいます。入金がされるまで、監視はされていますので、払い終わらない場合には、訴える事ができます。入金が終わってすべてが終了になります。

Comments are closed.