ここ最近CMでよく見かける「過払い金」という文字。もし借金返済していた人で当てはまるのであれば、すぐにでも請求した方がお得な感じがしませんか。

過払い金とは、金銭の貸付の法律の中で利息制限法というのがあり、金額に応じて、利息制限が決められていますが、その制限を超えて払ってしまっているお金の事を言います。利息制限法の金利は、例えば年利が18%のものは元本が10万円以上100万円未満の場合をさします。18%を超えるものを支払っている場合は、過払い金になります。払いすぎた過払い金を取り戻し請求することを過払い金請求と言います。

では過払い金を払っていたのだから貸主が違法なのかというとそうではなく、その制限金利が、以前は29.2%になっていた時があり、その多少の食い違いの金利をグレーゾーン金利と言って、消費者金融やクレジットカード会社で貸付が普通に行われていたため、そのグレーゾーン金利の時の人は、過払い金が発生している事になります。中には100万円以上の過払い金が発生している人もいます。2006年に最高裁にてグレー損金利を認めないという判決が出てから2010年には、利息制限法が決まりましたので、過払い請求の返還の訴訟が多くなりました。その事から、今の過払い金の請求ができるCMまで多くなってきたのです。

実際に過払い金請求をして、返ってくるのは100%でないので、やってみても返ってこない場合もあるくらいですが、もし自分が当てはまるのであれば、過払い金請求をしておいていいに越したことはありません。そこで過払い金請求について、説明をします。

<< previous posts